東京シューレとは

  

これまでの活動

 

東京シューレが、取り組んできた活動を紹介するページです。


学校が苦しい君へ

2018年5月

ゴールデンウィーク明け、学校に行き辛さを感じたり、苦しさを感じている子どもたちへ、お子さんが連休明け元気がないと感じる保護者の方へ、読んで安心してもらえたらという内容を込めた特集ページを開きました。


 

APDEC(第2回東京大会)【終了しました】

2017年8月

アジア・太平洋地域のフリースクール大会。第2回大会が東京で開催され、東京シューレの子ども・若者が運営の中心を大きく担いました。

報告「APDEC無事終了しました。」

 


 

夏休み明け子どもの“いのち”を守る 東京シューレ3つの取り組み。

2016年8月より

子どもの自殺が最も多くなる9月1日。

東京シューレでは、夏休み明け子どもの”いのち”を守る取り組みを例年行っています。

 


 

コミュニケーションロボット「OriHime(オリヒメ)」導入しました。

2016年より

家を中心にして、フリースクールと繋がりたいという子どもたちの為に、コミュニケーションロボット『OriHime(オリヒメ)』を導入し、製作しているオリィ研究所と共同開発を進めています。

 


 

東日本大震災支援プロジェクト【終了しました】

 2012年

2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災された方々に向けて、東京シューレができる支援、東京シューレだからこそできる支援に取り組んできました。

東日本大震災支援プロジェクトホームページ
「明日へつなぐ」東日本大震災支援プロジェクト活動報告
プロジェクト報告ブログ

 


 

自主制作映画「不登校なう」

2011年

東京シューレ25周年を記念して、子どもたち自身が、自分たちの不登校経験を基にして制作された映画「不登校なう」

詳細、映画DVD入手方法についてはこちらから。

 


 

不登校の子どもの権利宣言

2009年より

東京シューレに通う子どもたちが「子どもの権利条約」を学ぶ中で、「不登校を経験した私たちからも思いを発信したい!」と、“子どもの権利”と“不登校”をテーマに話し合いを重ね2009年8月に完成、全国子ども交流合宿「ぱおぱお」で採択されました。子どもたちにもいろんな生き方や可能性、選択肢があるということを、多くの人に知ってもらえたり、考えてもらえるきっかけになったら嬉しいです。

 


 

東京シューレWeb資料館

2011年以前の東京シューレの歴史を知りたい方はこちらから。