ニュース

  

フリースクール全国ネットワークの声明文について

 当団体が加盟しているフリースクール全国ネットワークの理事会より、「加盟団体(東京シューレ)における性加害およびフリースクール全国ネットワークとしての人権侵害再発防止対策について基本指針」が出されました。

 東京シューレにおける性加害・被害は、当団体が1998~2000年度に主催していた宿泊型フリースクール活動において、関係したスタッフによる性加害があったことが2016年提起の訴訟により明らかになり、2019年7月に和解に至りました。
 被害者の方には、心身ともに傷つけ、今もなお苦しんでおられることに責任を感じ、改めて、深くお詫び申し上げます。

 また、フリースクール全国ネットワークおよび加盟団体の皆さまをはじめ、不登校・フリースクール等に関わる多くの関係者の皆さまにも、多大なご心配・ご迷惑をおかけいたしました。重ねて深くお詫び申し上げます。

 東京シューレは、フリースクール全国ネットワークが示す基本指針を真摯に受け止め、それに従って尽力するともに、子どもの権利擁護の取り組みを積極的に推進するよう努めたいと思います。

 なお、本件に関しては、2020年2月に当ホームページにて「東京シューレにおける性被害について、及び、子どもの人権、安心・安全を守るための取り組み」を公表し、東京シューレの活動における性加害・被害、性暴力・虐待を含む人権侵害・ハラスメント(いじめを含む)等を防止するため、第三者を含む人権委員会の設置、相談窓口の開設、計画的・継続的な職員研修の実施、職員の倫理綱領と行動規範の策定などの再発防止策を講じています。

 さらに、検証と施策の推進、日常的な取り組みを強化し、研鑽を重ね、子どもの安心・安全を守る体制を整え、信頼回復に努めてまいります。

 合わせてご覧いただけますと幸いです。

東京シューレにおける性被害について、及び、子ども等の人権、安心・安全を守るための取り組み

 

2020年7月20日
特定非営利活動法人東京シューレ