Q&A

Q 教育提携とは何ですか?
A 「教育提携」とは、ある学校と他の教育施設が契約を結んで協力しあうことです。NPO法人東京シューレが三和高等学校と教育提携して学習センターとなることにより、正規の高校卒業資格が与えられます。施設設備についても、履修・教員体制についても、法基準がある点がサポート校などと異なります。通学定期券適用の対象となります。
Q なぜ、東京シューレは教育提携したのですか?
A  理由はいくつかあります。
① 選択肢をふやす
 私たちは子どもの多様な教育を目指してきました。その中で、フリースクールに通いつつ高卒資格を取得することが選択できるようにする必要があると思いました。教育提携で、フリースクールの活動をベースに学び、その中で高校卒業資格も得られるようになりました。

② 東京シューレの独自性を生かした高校の教育活動ができるから
 東京での内容は、東京シューレ主導で考えており、東京シューレが中心となって運営しています。内容的には、自分たちで高校をつくったのと同じくらいの裁量が任せられていると言ってもいいでしょう。フリースクールの良さを生かし、子ども中心で創るユニークな学園づくりを目指しています。

③ 相手が「札幌自由が丘学園」だから
 「札幌自由が丘学園」は、東京シューレと同じく昔からNPO法人のフリースクールを運営していて、現在もフリースクールや若者の居場所を運営しています。シューレと似た理念や運営方法をとっており、シューレと同じく「フリースクール全国ネットワーク」の会員でもあります。今回のお話は、先方から先にお誘いがありました。同じ仲間がつくった学校ということで、教育提携しました。

④ 通信制高校を選択する人が増えたから
 フリースクールでもホームシューレでも、毎年チャレンジ校や通信制高校に進む人が増えました。しかし、入学後にレポートやスクーリングがきつくて途中で挫折したり、勉強が面白くないと言ったりする人も少なくなく、以前から「通うこともできる通信制高校」をつくろうとしていました。

Q 「札幌自由が丘学園三和高等学校」とはどんな学校ですか?
A  「札幌自由が丘学園三和(さんわ)高等学校」は、2009年4月に開校した単位制・通信制高校です。母体となったのは「フリースクール札幌自由が丘学園」。2008年7月に和寒(わっさむ)町から構造改革特区制により認可されました。
 本校は、旧和寒町立三和小学校の跡地を利用したものですが、校舎は平成16年3月に開校したばかりで、まだ新しく、教会風の外観デザインです。札幌にある「フリースクール札幌自由が丘学園」と同施設内に「札幌学習センター」が併設されており、フリースクールの高等部生はほとんど同校の生徒です。生徒数は本校24人、札幌学習センター55人、約80人が在籍(2011年度現在)しています。
Q 札幌自由が丘学園のあゆみは?
A 札幌自由が丘学園のあゆみは以下のとおりです。
1993年11月  フリースクールのスタート。生徒6名。
1998年2月  一戸建てに移転。在籍生徒数が30名規模になる。
2002年4月  高等部スタート。星槎国際高等学校と提携。
2002年8月  現在地に移転。
2003年4月 北海道教育委員会より「技能連携施設」として認定される。
「星槎国際高等学校札幌キャンパス」となる。
2003年9月  北海道知事よりNPO法人「フリースクール札幌自由が丘学園」認可。
2005年4月  文部科学省「不登校対応実践研究事業」受託する。
2008年7月  和寒町から構造改革特区「札幌自由が丘学園三和高等学校」設立が認可される。
2009年4月  「札幌自由が丘学園三和高等学校」が開校。
Q 代表はどんな人ですか?
A 代表は、亀貝一義(かめがい・かずよし)さん。
亀貝さんは、NPO法人の理事長兼三和高校校長です。
北海道大学教育学部を卒業後高校教師をされ、1993年11月に6人の子どもたちで「フリースクール札幌自由が丘学園」をスタート。三和高校のある和寒町出身です。
Q 教員は誰がやるのですか?
A 高校の教員免許状を持った人が必要な授業を行います。フリースクール東京シューレの中にも東京シューレ葛飾中の中にも、免許を持った人がいます。レポート作成のための授業は、王子・新宿のスタッフが担当します。相談にものります。また、本校スクーリングでは、札幌自由が丘学園のスタッフが担当しますが、東京シューレのスタッフも同行します。
Q スクーリングはどうなりますか?
A スクーリングは、2種類あります。

ひとつは、東京シューレ王子で開かれる「火曜スクーリング」です。火曜スクーリングは単位をとるために出席が必要で、月に1回(2時間程度)くらいです。それ以外に「メディア視聴」といって、スクーリングの代わりになるテレビの視聴が月に1~2回あります。

もうひとつは「本校スクーリング」です。これは北海道の本校まで行ってスクーリングを受けるものです。東京シューレスタッフも同行します。通常は、生徒が大勢集まってスクーリングを受講しますが、本提携では、東京シューレだけの少人数スクーリングとして実施されます。期間は3泊4日ですが、1日目と4日目は移動の時間があるので、正味3日ほどです。

本校スクーリングの内容は、旭山動物園見学や、和寒町散策、農業体験、初心者カヌー体験などです。希望によっては、雪像づくりや犬ぞり体験、気球体験というメニューもあります。本校スクーリングは、基本的には体験学習がほとんどで、一般の通信制高校に比べて参加しやすくなっています。

ホームシューレ・コースの場合はスクーリングが少なく、年2回、1回2日間の東京スクーリングと年1回、3泊4日の本校スクーリングがあります。

Q 本校スクーリング時の宿泊は?
A 宿泊は、和寒町立の研修館「楡(にれ)」を使います。ホテルのようなきれいな施設です(利用料は「本校スクーリング費用」に含まれています)。3~5人の相部屋です。
Q 本校スクーリングでは個室に宿泊したいのですが?
A まず、研修館「楡」で個室がとれるかどうかを東京シューレに問い合わせてください(まとめて予約してありますので、楡に直接問い合わせをしないでください)。部屋がとれれば楡で対応します。ご家族がご一緒でもかまいません。ただし、その場合は、差額および利用料は自己負担になります。また、楡に個室が確保できなかったときは、スクーリング日の集合前と解散後の移動が不便になりますが「剣淵温泉レークサイド桜岡」が最寄りのホテルです(宿泊移動とも自己負担)。1泊1名7500円くらいです(2月調べ・時期による)。
Q 卒業までに何年かかりますか?
A 基本的に3年間で卒業できます。無学年制ですから、負担を減らしてゆっくりという人は、4年あるいは5年で卒業という選択もできます。在籍年数に制限がないので、4年目以降は更新料2万円と保険料8,300円、合計28,300円を払えば、何年でも延長可能です(2012年2月現在)。「時間切れで卒業できなかった」ということなく卒業が可能です。
Q レポートの量はどれくらいですか?
A レポートはB4サイズの紙1~2枚程度です。本数は科目によって違いますが、だいたい1年2単位の科目で6本です。
【国語】【社会】【理科】【芸術】【英語】【保健】【数学】・・・1単位あたり3本
【体育】・・・1単位あたり1本  【家庭】【情報】・・・1単位あたり2~3本
仮に1年目にレポートを要する科目がフリースクール・コースで「国語総合(4単位)」「世界史A(2単位)」」「現代社会(2単位)」「数学Ⅰ(2単位)」「科学と人間生活(2単位)」「体育(全体のうち2単位)」「英語Ⅰ(3単位)」「家庭基礎(2単位)」の8科目19単位を学ぶことになったとします。すると、レポートの数は本校スクーリング時のものを除いて年51本となります。月あたり約4~5本です。
Q レポートが提出できるかどうか不安なのですが?
A フリースクールでは、週1~2回程度、特別講座以外の時間にレポートのサポートの時間をつくります。スタッフが、レポートを作成して提出できるようになるまで、しっかりサポートをします。それ以外に、ホームシューレのため、サポートスタッフが週1回王子に来る予定ですので、サポートスタッフに教わることもできます。
ホームシューレでも週1回、EメールやFAXでレポートのサポートを行います。
Q レポートやスクーリングは多いのですか?
A レポートの数は、一般的な通信制に比べて少ないほうだと言えます。東京シューレではスクーリングのあり方を研究しました。集中スクーリングで年4日だけという高校もあります。しかし、スクーリングが短くても代わりに1日の授業時間数が長かったり、内容にゆとりがなかったり、授業が無味乾燥だったりしては困ります。スクーリングは少なければ少ないほどいいわけではなく、ついでにレポートが提出できて、しかも自然と学力が身につくようなバランスを考えました。
Q 小中学校の学力に不安があるのですが?
A 本提携は、不登校経験者を想定したものです。不登校経験や学力は人によってさまざまですから、スタッフや担当の講師が、じゅうぶん配慮して学びを進めていきます。教科書も、もっとも学びやすいものを選択しています。
Q テストはどうなりますか?
A 通信制高校の単位は「レポート」+「スクーリング」+「テスト」で取得する仕組みです。テストもスクーリングやレポートと同様、負担感が小さく、しかも学力にもなるようなものを用意しています。
Q もし単位を落しそうになったらどうなりますか?
A レポートを半分以上提出し合格していて、スクーリングに半分以上出席していて、試験を受けていれば、「修得(しゅうとく)にはなりませんが、「履修(りしゅう)」したことになります。履修した科目は、次の年度に限って1回だけ「積み上げ学習」が認められます。「積み上げ学習」というのは、修得のための再チャレンジのことです。積み上げ学習のための授業料は不要です。
Q 他校からの転入・編入は可能ですか?
A はい。他校で履修・修得した単位を認めます。
【他校から転入・編入した場合の卒業要件】
① 三和高校に6か月以上在籍し、6単位以上を修得
② 通算3年以上の修業期間がある
③ 必履修科目を全て履修し、80単位以上修得していること。
Q 高認でとった単位は認めてもらえますか?
A はい。たとえば高認で「数学Ⅰ」を合格した人の場合、3単位が免除されます。ただし、高認でたとえば7科目も合格していたとしても、免除になるのは20数単位前後ですので、50単位くらいは修得しなければなりません。なお、学費は変わりません(単位ごとの授業料設定ではないため)。
Q フリースクールの準会員は利用できますか?
A いいえ。本提携は、東京シューレ王子(ライフデザイン会員を含む)・新宿・
柏の葉の正会員または、ホームシューレのファミリー会員が対象です。
※但しホームシューレ正会員の場合、スクーリングやレポート提出の方法や回数が違います(学費は同じです)。
Q スクーリング時の本校へのアクセスは?
A 所在地 〒098-0112 北海道上川郡和寒町字三和412番地
※東京からのアクセス例。
 羽田空港から飛行機で千歳空港へ(約1時間30分)
 千歳空港からマイクロバスで送迎(約2時間30分)
※各空港からの送迎はスクーリング費用に含まれています。

東京シューレ 高校コース

〒114-0021 東京都北区岸町1-9-19
電話 03-5993-3135 FAX 03-5993-3137  東京シューレホームページ http://tokyoshure.jp/

Copyright c Tokyo Shure All Right Reserves.