不登校フリースクールについてもっと知りたい

  

東京シューレ フリースクール創業支援プログラム
第1期奨学生(2019年度)奨学生・団体 募集要項

 

※このページは「フリースクール創業支援プログラム」のページです。
「フリースクールスタッフ養成プログラム」のページはこちらをご覧ください。

 

1.プログラム概要・趣旨

フリースクールの多くは、不登校の子どもの居場所・学びの場として、また学校以外の多様な学びの場として、志のある市民や親たちによって発展してきました。近年、「普通教育機会確保法」をはじめ国のフリースクール支援、公民連携の施策が進みつつあり、フリースクールの社会的役割や質・量の充実が期待されています。

本プログラムは、公益財団法人石橋財団のご寄付による資金と、NPO法人東京シューレの長年の実績を活かし協働実施するものです。フリースクールを自ら立ち上げたい、あるいは団体として新しくフリースクール事業を始めたいなど、フリースクールを創業することを応援します。スタッフとしての基本的な素養・知識・技能、立ち上げや運営のノウハウをNPO法人東京シューレが運営するフリースクールの現場で実践的に習得しつつ、創業予定地での具体的な立ち上げ準備も支援することによって、国内に新たなフリースクールが着実に一つ、増えることを目的としています。

 創業準備支援期間1年間を経て、創業したのちの創業1年目の期間も、フォローアップ支援を行います。

 

2.創業予定者・団体募集数:1名(団体)

3.支援期間:2019年9月1日~2021年8月31日(最長2年間)

4.創業予定地:国内

5.支援内容:
創業予定者に、NPO法人東京シューレとの雇用契約によるインターンスタッフ(団体から複数人の参加も可能)として、下記条件による給付型奨学金(給与)を支給します。

①基本実習日:月~金の週30時間程度(目安)
※土日祝の実習もあり
※冬期・夏期休暇あり

②給付型奨学金(時給1,070円)

③通勤手当・外部研修参加費(補助上限)月額20,000円

創業助成金として下記を助成します。

①創業準備助成(2019年9月~2020年8月):70万円

②創業1年目フォローアップ助成(2020年9月~2021年8月):60万円

 

6.応募資格:

  • インターンスタッフは年齢原則22歳以上、性別・国籍・学歴不問
  • 団体の場合は、法人格の有無は問わないが、非営利法人としての創業を予定していること
  • 東京シューレが運営するフリースクールでの実習が可能なこと、基本実習日を確保できること
  • 本プログラムの創業支援対象者・団体であることを東京シューレが社会発信することに同意・協力できること
  • 暴力団またはその構成員でないこと、または構成員でなくなった日から5年以上経過していること
  • 人権侵犯事件として告発・勧告・通告・説示・排除措置・措置猶予を受けた経歴、不当な差別的言動(いわゆるヘイトスピーチ)・性犯罪・性暴力・児童虐待・DVの加害経歴がないこと

 

7.求める人材像・選考の観点:

  • 子ども中心のフリースクール等を立ち上げたいという目標や意志を明確かつ具体的にお持ちの方・団体
  • 創業準備のための資金を本プログラムの助成金以外に調達する見込みや意志を持っていること
  • 創業後はフリースクール全国ネットワークの加盟団体として多様な学び・教育の発展や社会貢献に寄与したいという志を有している方・団体

 

8.応募方法と選考:

①一次選考 書類選考  所定の応募用紙に必要事項を記入して提出してください。

  応募用紙 このページの下部からダウンロードしてください。
ご自身や団体を紹介・アピールするもので添付したい資料等があれば同送してください。

締め切り 7月12日(金)郵送必着

送付先 〒114-0021 東京都北区岸町1-9-19 NPO法人東京シューレ
「フリースクール創業支援プログラム」事務局 宛

 

②二次選考 面接    一次選考通過者

  選考日  7月22日(月) 所定の時間にお越しいただきます。

  面接会場:東京シューレ王子(東京都北区岸町1-9-19)

 

9.お問合わせ NPO法人東京シューレ事務局(担当 中村)

電話 03-5993-3135
メール info@shure.or.jp

 

応募用紙は下記よりダウンロードしてください。
【創業個人用】創業支援プログラム_第1期_2019_応募用紙(PDFファイル)
【創業団体用】創業支援プログラム_第1期_2019_応募用紙(PDFファイル)