不登校フリースクールについてもっと知りたい

  

Q2.不登校をしている人はどのくらいいるの?

 

 

ぼくは学校へ行っていない。 でも、妹も弟も行っているんだ。家の中では、ぼく1人。いとこも、みんな行ってるらしい。 そうだろうな。 だって、オレのクラス、30人いるけれど、オレみたいに、もう8ヵ月も行ってないヤツは、おれ1人だし…近所の子も、毎朝、「行ってきまーす」という声がするもんな。子どもは、みんな朝になると登校している。オレだけだ。休んでいるやつは。オレは変なのか?

 

とんでもない!

 

 

文科省が調べたところ、小・中学生で、10万5000人もいるそうです。(これは1年間30日以上休んでいる子ども)
高校生だって、もっといます。高校中退の人が、98,000人。
あわせて約20万人。
あなたは20万人の1人なのです。
あなた以外に199,999人も仲間がいるのです。

ただし、実際は、この数字より、ずっと多いのです。
体のぐあいが悪いことと不登校が重なっていると「病気欠席」の方にカウントされていたり、保健室や適応指導教室、相談所に行っていれば出席になっていたりするので、
実数はもっと多いのではないかといわれています。

不登校の子どもの数は、こんなぐあいに増えてきました。

(※文科省が統計を取り始めた当初、不登校の基準は「年間50日以上の欠席」だったが、1991年から「年間30日以上の欠席」に変わった)

不登校者数は1975年より増え続け、現在は高止まりが続いています。

文部省も、学校も、相談所も、不登校を出さないようにし、登校する子をふやそうといろいろ手をうった。
そして、全国の子どもの人数は減少しているにもかかわらず、不登校の人は増え続け、小中学生の不登校は13万4000人。
というのは、もはや個人的に変なことではなく、今の時代の動きだ、ということも示しています。

高校中退・高校の不登校も、少し減りぎみですが、それでも、年間7万人前後いるのです。
今や小中高合わせて20万人の子どもが学校と距離をとっています。

 

 

知ってほしかったのは、あなた1人じゃない、ということ。もし、数字の上でだけでは想像できにくいなあ、という人は、東京シューレに来てみてください。
        
王子シューレ 約90人
新宿シューレ 約40人
流山シューレ 約20人
大田シューレ(2018年新設)約10人

と、東京シューレのフリースクールだけでも合計約160人の子がいます。

また、ホームシューレの会報誌“ばるーん”をのぞいてみて下さい。
北から南まで300家族の人がネットワークしてます。

あと全国にもいろいろあるし、登校拒否・不登校を考える全国ネットワークの合宿でも会えたりしますよ。

 

次のページ(3/12)「Q3.どうして不登校になるの?」

前のページ(1/12)「Q1.不登校ってなに?」