東京シューレとは

  

奥地圭子(おくちけいこ) プロフィール

 1941年生まれ 4歳の時、東京大空襲に遭い、父の郷里広島で育つ。
 1963年 横浜国立大学学芸学部卒。その後22年公立小学校教員。
 1984年 「登校拒否を考える会」設立、現在まで代表。
 1985年 「東京シューレ」開設、代表
       (1999年NPO化し、現在まで理事長。)
 1990年 登校拒否を考える各地の会ネットワーク設立代表。
       (2008年にNPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワークとなり、現在まで代表理事)
 1998年 NPO法人全国不登校新聞社設立、現在まで代表理事。
 1999年 NPO法人チャイルドラインセンター理事(~2010年)。
 2001年 NPO法人フリースクール全国ネットワーク設立。現在まで代表理事。
 2006年 学校法人東京シューレ学園設立、現在まで理事長。
 2007年 東京シューレ葛飾中学校開校、校長(2018年3月まで)
 2012年 「多様な学び保障法を実現する会」設立、現在まで共同代表。
 2015年 文科省「フリースクール等検討委員会」委員就任(現在まで)
 2016年 東京都「不登校高校中退対策委員会」委員
 2016年 東京学芸大学「多様な学びと子ども支援」講座非常勤講師(隔年開講、現在も)

〈著書等〉
『教育機会確保法の誕生-子どもが安心して学び育つ-』(共著) 東京シューレ出版2017年
『フリースクールが『教育』を変える』東京シューレ出版2015年
『僕は僕でよかったんだ』(共著)東京シューレ出版2012年
『子どもをいちばん大切にする学校』東京シューレ出版2010年
『不登校という生き方』日本放送出版協会2005年
『登校拒否は病気じゃない』教育史料出版会1989年