東京シューレとは

  

夏休み明け 子どもの”いのち”を守る
 ―東京シューレ3つの取り組み

2018年度 東京シューレ 夏休み明け 子どものいのちを守る取り組み(PDFファイル)


シューテレって? 

「シューテレ」は、あなたが何でも話していい「相談電話」。あなたが知りたいこと、悩んでいること、困っていることを聞いて、いっしょに考えます。お説教されたりはしません。

 この電話をやっている東京シューレは、フリースクールの活動、家で過ごしている子どもたちをつなぐ活動を中心に、不登校の子どもに寄り添う活動をしてきました。こうした活動を活かして、困っているあなた、何かおしゃべりしたいあなたの電話を待っています。どんなことでも大丈夫。

・ヒミツは守ります。

・電話を切りたくなったら切ってもいい。

・名前は言わなくてもいい。

・一緒に考えるお手伝いをします。

安心してかけてみてください。

〇電話番号 03-6680-8094 (通話料がかかります)
 2018年8月23日(木)より、LINEによる電話相談をスタートします。

LINEの友だち追加で上記のQRコードを読み取るか、
ID検索で「shutel0366808094」を検索して、

「シューテレ:東京シューレ子ども相談電話」

を友だちに追加すると通話が可能になります。(トークはできません)

〇子ども・若者がかけられる電話です。

〇毎週木曜日 18時~20時まで受け付けています。

【ホームページ】http://www.tokyoshure.jp/tel/
【Facebook】https://www.facebook.com/shuretel/


子どもから子どもへ、親から親へ、それぞれメッセージを込めました。ぜひご覧ください。

動画メッセージ YouTubeにて発信

○子どもから子どもの皆さんへ「学校に行くことは義務じゃない」


・フリースクール東京シューレスタッフからも

「不登校の子をもつ親から親の皆さんへ」


○「学校に行くことは義務じゃない」動画メッセージに込める思い。


学校に行くことがつらかったら、家に居ることがつらかったら、フリースクール東京シューレに来てみてください!
駆け込み居場所、やってます。
そんな緊急事態ならお金は必要ありません。事前の連絡も必要ありません!(ご心配の方はご一報ください)

東京シューレは、4つのスペースがあります。駆け込み居場所はすべてのスペースで行っていますよ~。
(※それぞれのスペースのボタンを押すと、各スペースの詳細ページへ飛ぶことができます。)

アクセス:JR京浜東北線・東京メトロ南北線
「王子」駅 徒歩4分

電話番号:03-5993-3135

アクセス:都営地下鉄大江戸線「若松河田」駅 徒歩3分/東京メトロ東西線「早稲田」駅 徒歩8分
電話番号:03-5155-9803

アクセス:東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン)「初石」駅 徒歩1分
電話番号:04-7199-7141

アクセス:京浜急行「雑色」駅 徒歩5分
電話番号:03-6424-8311

電話番号 全スペース共通
月-金 10時-18時 水曜のみ13時-18時

 


 

9月の夏休み明けは、フリースクールへの相談が増える時期です。
「5月、6月ごろから休みがちになり、夏休み明けからは行かなく/行けなくなってしまった」
「夏休み明けからは学校に行くと言っていたが、行かない/行けない」
など、様々な相談が寄せられます。
学校以外の場を探す人・求める人が多くなる時期だと、私たちフリースクールは実感しています。

 

近年、不登校やフリースクールなどを取り巻く状況は大きく動いています。

2016年9月、文部科学省は不登校の対応を改め「不登校は問題行動ではない」と明文化した通知を出しました。(通知文はこちら)
2016年12月には「教育機会確保法」が成立。法律の中で「休養の必要性」が謳われ、休むことが認められるようになりました。
また、この法律では「学校以外の場の重要性」も謳われており、フリースクールやホームスクールなどの場も重要だと認められています。
(教育機会確保法のページはこちら)

 

そんな学校以外の学びの場であるフリースクールは、学校外の安心していられる子ども・若者の居場所であり、子ども中心の学びの場です。
“スクール”といっても学校っぽくはなく、雰囲気は全く違います。
毎日行かなければいけないわけではないし、テストや宿題もありません。
 



上の図は東京シューレのプログラムの“イメージ”です。
プログラムは、ミーティングという子どももスタッフも参加する話し合いの場で決まります。そのため、新しいプログラムもあれば、なくなるプログラムもあります。
これらの活動は強制されるものではありません。自分の興味・関心のあるプログラムを選んで参加することができ、自分のペースで通うことができます。

勉強しなくても大丈夫なの?と思うかもしれませんが、フリースクールに通っている人はさまざまな体験、人や社会との出会いを通して、生活の中で学び、育っていきます。
そんなフリースクール・東京シューレを旅立った人は33年間で1600人を超えます。旅立った後どのように過ごしているかを聞いたOB・OG100人インタビューという記事があるので、気になる方はぜひご覧ください。

東京シューレがどんな様子なのか実際に聞いてみたい、見てみたい、という方はお気軽にお問い合わせください。
「とりあえず見てみたい」は大歓迎です!

お問い合わせ一覧・場所一覧はこちら

 

また、下記のページも合わせてごらんください。

●不登校Q&A
→不登校の基礎情報をまとめました。「とにかくどうすればいいのかわからない」「義務教育だけど大丈夫なの?」などの情報が満載です。

●東京シューレってどんなところ?
→東京シューレがどのような考えでフリースクールを運営しているか知りたい方はこちら。

●活動紹介
→子どもたちがフリースクールでどのような過ごし方をしているか知りたい方はこちら。

 

 

→実際にフリースクールに通っている子ども・若者の生の声です。

→通っている子ども・若者の親の声です。どのような経緯で子どもがフリースクールに通うようになったかなどを掲載しています。

→フリースクールに通った人の進路が気になる方はこちら。なんと100人分のインタビュー記事が掲載されています。



東京シューレがどんな様子なのか実際に聞いてみたい、見てみたい、という方はお気軽にお問い合わせください。

[E-MAIL]
info@shure.or.jp
※メールを送信しても3日以上返信がない場合は、お手数をおかけいたしますが、改めて送信していただくか下記の電話番号までお問い合わせください。

[フリースクール]
※スペースの名前を選択すると、それぞれのスペースの詳細ページへ飛ぶことができます。
東京シューレ王子 (東京都北区)
03-5993-3135

東京シューレ新宿 (東京都新宿区)
03-5155-9803

東京シューレ流山 (千葉県流山市)
04-7199-7141

東京シューレ大田 (東京都大田区)
 03-6424-8311
(全スペース共通 月-金 10時-17時 水曜のみ13時-17時)

[家を中心に学び育つホームエデュケーション]
ホームシューレ
03-3909-0046
(月-金 10時-17時 水曜のみ13時-17時)

[オルタナティヴ大学]
シューレ大学 (東京都新宿区)
03-5155-9801
(月-金 10時-17時 水曜のみ13時-17時)