【心配しないで中2の不登校】~3~流山シューレの多様な進路

心配しないで中2不登校】~3~

流山シューレの多様な進路

流山シューレは2018年度現在、中学二年生の会員が一番多く在籍しています。

小学生のころに不登校になってシューレで過ごしてきた人、小学生の時はお家を中心に育って中学生になってから来た人、自由な環境で育ってほしいという親の人の考えでシューレに来た人、いろんな人がいます。

そんな多様な人がいる中、画一的な進路指導なんてできませんよね。

ではどうしているかというと、簡単に言えば、その人ひとりひとりに合ったやり方を、本人と一緒に考えてやっていきます。

東京シューレの説明会で配る資料に、このようなページがあります。

シューレからの進路の、簡単な図です。

不登校をしてフリースクールに通ったからといって、学校に行っていた場合の進路と何も変わりません。

その道は様々です。

今回は、その多様な進路たちから、流山シューレでの様子を交えていくつかご紹介します。

東京シューレ高校コース

東京シューレは、札幌自由が丘学園三和高校学校という、北海道和寒町にある広域通信制高校と連携をしています。

連携をしたことで、東京シューレに通って普段の生活をしながら、高卒資格が取れるようになりました。

札幌自由が丘学園三和高等学校は、札幌市にあるフリースクール札幌自由が丘学園が作った高校です。

長年、北海道内の不登校の子どもたちの学び場として活動されているところです。

流山シューレでの高校コースの様子です。

一年生の数学です。今年度は一年生一人だったので、マンツーマンでの講座でした。

質問にはなんでも答えます。

基本的には、在籍しているフリースクールにてレポートサポートの講座を受け、学期ごとにレポートを提出していきます。

それと、年に一回、北海道和寒町へのスクーリングがあります。

それ以外は、基本的にフリースクールで過ごすことが単位として認められます。

今年度の高校コースにいるたちと、スタッフのおびっちゃんとのオリエンテーションの様子です。

このような雰囲気で、学習のできる個室を使って、主に午前中にレポート講座をやっています。

高校コースのホームページに説明会の日程なども載っています。

(高校コースホームページ⇒https://www.shure.or.jp/sanwa/)

流山シューレの高校コースに在籍しているのは、元々流山シューレのフリースクールで過ごしていた会員たちです。

居場所として過ごすうちに、中学卒業の年齢になって高卒を取りたくなったり、気持ちが落ち着いてきて高校に進学したくなった人たちです。

楽しく、自分らしく過ごせると思えた場所が”高校”になるので、自然とやっていけるようです。

風邪をひいたこと以外は、みんなほぼ無欠席で、レポートも全て提出しました。

他の高校に進学する

シューレの高校コースではない、外部の高校に進学する人もたくさんいます。

その希望がある会員には、スタッフが教科学習を教えることができます。

教えるのは、普段から流山シューレにいるスタッフです。(全員、教育免許を持っています。)

個人学習の様子です。

現在は、中学二年生の会員が希望して、夕方の時間に英語と国語をやっています。

高校進学を機に退会する会員が多いですが、準会員のまま残り、好きなイベントの日にだけ来く人もいました。

また、現在流山シューレスタッフのマリクくんは王子シューレのOBなのですが、都立通信制高校で高校生に在籍しながら、王子シューレにも通ってバンド活動をしたり、わからない勉強をスタッフに教えてもらったりしていたそうです。

シューレ以外の場所に所属しているかいないかは、関係ありません。

現在も、広域通信制高校に籍を置いて勉強しながら、シューレを居場所として通っている高校生が2人います。

高認を受ける

高認試験を受ける人もいるので、その学習サポートもあります。

フリースクールを居場所として活用しながら、高認を取ることで、安定した環境で学習できます。

高認をあっさり取得して、18歳になったら大学に進学。

その後、公認会計士の資格を取って就職が決まっている元不登校生もいます。

高校・大学への進学を考えて、定期テストの時に学校に行ってテストを受けていた中学生がいたのですが、テストでいくら良い点を取っても成績で3までしか付かないことを知って、高認に気持ちをきりかえました。

今の日本では、出席点・授業中の小テストの点数・授業態度など、そもそも学校に行っていないと評価がされない要素が、まだまだ多くあります。

いくら勉強が好きで良くできたとしても、学校のものさしでは不利になることがあるのです。

中学校の成績に関係なく、その後の進路を作っていきたいという子には「高認ってのもあるよ」と、情報を教えます。

大きく3つご紹介しましたが、もっと様々なあり方があります。公立の通信制高校で、苦手な科目だけ単位を取り、その他は高認を取る人や、前回ご紹介したフリースクールで好きなことに打ち込んで将来を作る人もいます。

「今はまだ、学習や進学に気持ちが向かないな…」「無理に進学したくないな…」という気持ちも、もちろん尊重します。

学習や進学からは、今は少し距離をとってゆっくりしたいという人もフリースクールにはたくさん来ているので、安心して欲しいです。

スタッフ:原野有理

~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~

流山シューレでは

毎週金曜日をオープンデイとして

見学・相談の受け入れを行っています。

また、親の会も行っております。

ご興味のある方は

流山シューレまたは王子本部までご連絡下さい。

王子シューレ・東京シューレ本部  

   03-5993-3135 (平日10:00~18:00)

   info@www.shure.or.jp

〔流山シューレ〕

TEL 047-199-7141

(平日10:00~17:00 水曜日のみ13:00~17:00)

mail nagareyama@www.shure.or.jp



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です