不登校Q&A

【心配しないで中2の不登校】~2~不登校からの進路は今たくさんあります

投稿日:

心配しないで中2不登校】~2~

不登校からの進路は今たくさんあります

今、不登校は13万人います。

その現状に合わせて、進路の選択の幅も、ひとり一人に合わせた形が選べるようになっているんですよ。

そのいくつかの選択肢を、ご紹介します。

通信制高校

通信制高校とは、簡単にいうと毎日朝から夕方まで通うかたちではない高校です。

何回通うか選べる場所、年に一回のスクーリングでいい場所、合宿がある場所など様々な学校があります。

特に最近増えているのが、広域通信制高校という学校です。

「広域」というのは、三つ以上の都道府県から生徒を募集しているという意味です。

例えば、高校自体は北海道にあるけれど、千葉県の子どもがその高校に在籍して、高卒資格を得ることができます。

そして普段は、近所にある連携校(サポート校)で、学習サポートを受けることができます。

その広域通信制高校は、この20年間で10倍以上に学校数が増えているそうです。

そして、中学生の約18万人が進学先に通信制を選んでいます。

この数は、1クラスあたり2人は広域通信制に進学してる計算です。

(情報:日本教育新聞平成30年12月3日より)

18万人通っているということは、中学生の不登校生徒数よりもはるかに多い数字です。

不登校ではない人も、普通に広域通信制高校を進路として選んでいるということですね。

高校卒業程度認定試験(高認)

高校卒業程度認定試験とは、よく高認と呼ばれ、ひと昔前までは大検と言われていた試験です。

この試験で、決められた教科の合格点が取れれば、高卒を取ったことと同等の資格が得られます。

厳密にいえば高卒と高認は別ですが、大学や専門学校をはじめ、企業なども同等のものと扱っているので不利はありません。

文部科学省ホームページに、詳しく書いてありますので、ご興味のある方はぜひ見てみてください。

文部科学省 高等学校卒業程度認定試験

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/

わかりやすいパンフレットもホームページに載っています。

ジャニーズ事務所のアイドル、関ジャニ∞のメンバーさんが取得したことで若い人の間でも知られるようになったそうですね。

学習方法は、過去問が販売されているほか、ユーチューブなどの動画投稿サイトに、講義の動画が上がっているので、だれでも無料で学習することができます。

15歳でもう高認を取ってしまって、大学受験までの間、自分の好きなことに打ち込んでいる人もいます。

高校に通うことで高卒資格を取って、それから自分のやりたい道に進むというのが当たり前と思われていましたが、もうその考えは古いかも知れませんね。

フリースクール

フリースクールで育つあり方もあります。

去年の12月に、王子シューレのOBが2人流山シューレに遊びに来てくれました。

左はスタッフのおびっちゃん

右の青年2人が、元王子シューレの方

小学3年生から不登校になり、その後、当時の東京シューレにいられる年限の21歳まで、王子シューレで過ごした方です。

現在は社会人になり、シューレを旅立ってから数年たった今も、こうしてシューレの時の仲間と会うそうです。

このお二人がシューレいる間に熱中していたのが、ミニトレインという子どもが乗って走れるサイズの電車作りでした。

小学5年生でシューレに入ってから、そのミニトレイン作りに関わり、栃木県にある工場まで行って、異年齢の仲間たちとともに、大人顔負けで電車作りの作業をしていたそうです。

当時のことを、スタッフのおびっちゃんと楽しそうにお話していました。

彼らからは、不登校だったことを後悔している雰囲気も、自分の過去を否定する言葉もありませんでした。

流山シューレの様子を見て、「懐かしい~」「俺らもこんな感じだったよな~」とニコニコして話していました。

シューレ在籍時にやっていたというドラムを

叩いてみせてもらいました。

学歴がなくても、教科学習をしていなくても、フリースクールで仲間とともに育った人がいます。

このお二人以外にも、フリースクールで育つことで、元気に大人になっている人がたくさんいます。

親の方も、本人も、学歴に頼れない不安があると思います。

しかし、安心できる居場所で過ごしながら「自分は自分でいいんだ」と思えたら、どんな環境でも楽しく生きていける大人になれるのではないでしょうか。

OBのお二人をみて、そんなことを思いました。

スタッフ:原野有理

~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~

流山シューレでは

毎週金曜日をオープンデイとして

見学・相談の受け入れを行っています。

また、親の会も行っております。

ご興味のある方は

流山シューレまたは王子本部までご連絡下さい。

王子シューレ・東京シューレ本部  

   03-5993-3135 (平日10:00~18:00)

   info@shure.or.jp

〔流山シューレ〕

TEL 047-199-7141

(平日10:00~17:00 水曜日のみ13:00~17:00)

mail nagareyama@shure.or.jp



-不登校Q&A

PAGE TOP

Copyright© 東京シューレ流山 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.