【学校がつらいならフリースクールがあるよ】~親の方へ~2

学校がつらいならフリースクールがあるよ

~親の方へ~

連載2回目の今回は、シューレOBである、Oさんの体験談を、ご紹介いたします。

自分が表現できるのは「学校行かないということ

・不登校になって

最初に学校に行かなくなったのは小2の3学期でした。

小1の時から筆箱など自分の持ち物が隠される、傘を持って追いかけられる、体育のサッカーでゴールキーパーをやり、ミスをすると罵声が飛んでくるという状況が続き、学校に行く事が辛くなり死を考える事もありました。

担任に話してもいつもその場限りの対応で、誰に話しても無駄なんだと学校や大人へ不信感を抱くようになりました。ふとしたきっかけで親に学校での話をすると「行かなくていいんじゃない」と言ってくれ、小2の3学期でいったん行かなくなりました。

行かなくなってからは、家を中心に過ごしました。

親は学校に行かない事について何か言う事はなかったものの、24時間一緒にいることで関係が煮詰まり、顔を合わせるだけで揉めるので、一日中布団から出られなかった事もありました。

だんだん家にいること、親とだけ過ごす事に飽きてきて外に出てみようかなと思い、小5の終わりにシューレへ見学に行き、小6で入会しました。

・フリースクールに行ってみて

初めは、英語が学びたくて、英会話の講座がある日だけ週1回ペースで通いました。

慣れてきて話せる人が増えて、通う日数も徐々に増えていき、ピアノ講座を始め、イベントの実行委員会、シューレ通信作り、CD制作など色々な活動に関わりました。

シューレで友達やスタッフとたくさん話す中で新しい事に興味が広がりました。

イベントの装飾デザインをしたり、イラストを描いたりする中でデザインを学びたいと考えるようになり、高認を取得、美大進学を考えました。

無事T大学に合格し、シューレを卒業しました。

・その後の進路・・・大学、就職

大学では五美術大学交流展(五美展・・・今は五美交という通称になっている)の団体の立ち上げに関われて、他の大学にも友達ができたことが楽しかったです。

みんなで話し合って、動いて一つのもの・展示を創ったことはシューレで活動した事が活きたんだと思います。

大学3年になり、この機会でいわゆる”普通”にならなければいけないと思い、就職活動を始めました。

しかし就活は簡単にはいきません。

就職支援の場所では、自己分析を求められ、上辺だけの自己PR文を書く事を推奨され、選考会場へ行けば、企業へ好印象を与えるために学生自身の策略合戦。

とにかく”キラキラエピソード”を求められるけど、話を繕う事、選考の場独特の空気がとても辛くて、体調を崩し、1年半の間、何度も胃腸炎で倒れました。

大学4年の3月になり、就職が決まっていない焦りの中、グループ展を見に来てくれたシューレのOGから、障がいを持った人たちの活動に関わらないかという誘いを受け、藁にもすがる思いで行く事にしました。

それから3年近く経った今もそこで働いています。

自分が楽しいと思える仕事・場所に出会えて、本当に良かったと思っています。

自分が表現できるのは「学校に行かないこと」だと思い、大学の卒業制作ではシューレの子どもたちにインタビューし普段の活動を撮影した作品を作りました。

カメラのメカニックな事は苦手ですが、カメラを通して人と関わっていくことが好きで、それが私の表現方法なんだと思っています。

今回、ブログ記事にするにあたって、短く変更させて頂きました。Oさんには、ブログへの掲載と変更を、こころよく了承してくださり、とても感謝しています。ありがとうございました。

なお、Oさんのインタビュー記事の全文は、東京シューレOBOG100人インタビューにて、無料で読めます。

シューレで育ったOB・OGたち http://archive.tokyoshure.jp/30th100/

~3に続きます~

3は、不登校の子を持つ、親の方の体験談です。

~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~

流山シューレでは

毎週金曜日をオープンデイとして

見学・相談の受け入れを行っています。

また、親の会も行っております。

ご興味のある方は

流山シューレまたは王子本部までご連絡下さい。

王子シューレ・東京シューレ本部  

   03-5993-3135 (平日10:00~18:00)

   info@www.shure.or.jp

〔流山シューレ〕

TEL 047-199-7141

(平日10:00~17:00 水曜日のみ13:00~17:00)

mail nagareyama@www.shure.or.jp



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です