【学校がつらいならフリースクールがあるよ】第七回

「不登校小学生の幸せな日々」

第7回目の今回は

再び、不登校経験者のスタッフ、はらちゃんこと原野有理から

フリースクールのこと、フリースクールに通っている子どもたちのことについて

お届けします。

右から スタッフはらちゃんこと原野有理

 初等部の男の子

 初等部の女の子

お絵かきをしています。

不登校小学生の幸せってなんだろう?

☆2つ目「好きなことに没頭できること」

前回の【学校がつらいならフリースクールがあるよ】第六回で、おびっちゃんから「不登校の後、家で過ごす時の心配」と題して、「好きなことを心ゆくまでやれる」家庭環境にすることとありました。

フリースクールでも、大切にしていることです。

流山シューレで初等部を中心に人気のゲームがあります。

パソコンゲームのマインクラフトです。

会員用のパソコンをみんなでのぞき込んでわいわいとやっています。

フリースクールに来て、初めは元気のなかった子でも元気を取り戻してくると「あれをやりたい!」という声が出てきます。

マインクラフトも「やりたい!」という意見が発端で、MGPというプロジェクトを立ち上げて会員たちの力で手に入れました。

そのMGPというのはマネーゲットプロジェクトの略で、保護者会などで手作りしたお菓子を売って、欲しい物を手に入れるためのお金を稼ごうというものです。

企画発案者の初等部男子を中心にして、一所懸命にお菓子を作って、売って、を繰り返しました。

疲れちゃうことがあっても、気持ちは折れずに、売り上げの計算もがんばりました。

そして、ようやく買うことができたときはお祭りの様で、達成感もひとしおでした。

これにより、思う存分やりたかったゲームができる状態が整いました。彼らの好きだ!やりたい!という気持ちが一つの結果になりました。

このマインクラフト、当時会員だった一部の子たちの希望で買いましたが、その後、体験見学や入会してきた子と仲良くなるきっかけ、名前を覚えるきっかけとしても、活躍してくれています。

この写真、パッと見はそれぞれ別の画面に釘付けになり、バラバラの方向を向いて、違うことをしているように見えますね。ですが、実はネットで繋がり、同じゲームで協力したり、対戦したりして楽しく遊んでいます。

ネット環境があればできるので、夏休みなどの長期休暇中だったり、お家を中心に過ごしている子とも、外に出るのが苦手な子とも、一緒に遊ぶことができるのです。

また、発端は初等部の子でしたが、フリースクールは年齢の垣根のない場なので、中等部の男の子も興味を持ってやっています。

マインクラフトは海外製のゲームですが、軽く遊ぶ程度ならば日本語でできます。

しかし、もっと深く、もっとたくさんやりたいと思ったら、英語がわかった方が楽しいことが増えるそうです。

英語だからと、みんなそこで挫けたりしません。そこから興味を持ち、英語の学びにつながっている会員の子もいます。

私の知り合いのお母さんにも、息子さんが不登校になってお家で過ごすようになった時に「やりたい!」と言ってきたマインクラフトを、思う存分やらせてあげたと聞きました。

昼夜逆転して、ずっとパソコンに向かう生活だったそうですが、ある日、マインクラフトの海外の大会に行きたいと言いだしたそうです。それ以来、その目標に向かって一日数時間は英会話と英語の学習をはじめ、外出もできるようになったとのことでした。

9月に入り、新学期になりました。

そんな中、お家にいて、毎日ゲーム、ネット、動画を見ているだけの(様に見える)子どもの様子に、不安になっている方もいらっしゃるでしょうか。

しかし、もしかしたらその時間はどこか遠くに離れた友達と交流しているかも知れません。興味・関心が広がるチャンスにつながっているかも知れません。「やりたい!」の気持ちが出てくるまでの、元気になるための大切な時間かも知れません。

また、そんな自分自身を責めてしまう子ども・若者の方、大丈夫です。

毎日ゲームをしていても、夜中までパソコンをしていても、その時間があなたにとってとても大切な時間のはずです。

そのような生活をしていても、あなたは悪いことをしているわけではありません。

私も、小学校6年生の夏休み中から6年の終わりの春休みにかけて、昼夜逆転で自室にひきこもりました。誰にも邪魔されず、心を休めながら自分の好きなことに没頭したかったのです。その時にやったゲームのこと、見たテレビのことは、今でも私の心の糧になっています。

その時にしていたことが、その後の人生で出会った人たちと仲良くなるきっかけになったことも、少なくありません。

大人になった時の、生きていこうという糧は「好きなもの、ことを思う存分やった時間」なのかも知れないな~と今思います。

そして、フリースクールで好きなことに没頭しているみんなを見ていると、着々と生きる糧を手に入れていってるな~と感じるのです。

~☆3つ目に続きます~

~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~

8月と9月に、「学校がつらいならフリースクールがあるよ」と題して

特集記事をブログ上で連載しています。

流山シューレでは8月29日(月)から、開放居場所として見学・相談を受け入れています。

さらに、10月7日(金)10:00~流山シューレにて説明会を行います。

ご興味のある方は、ぜひご連絡下さい。

〔流山シューレ〕

TEL 047-199-7141

(平日10:00~17:00 水曜日のみ13:00~17:00)

mail nagareyama@www.shure.or.jp



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です