【親の声】小学校5年の息子がお世話になっています。

流山シューレにお子さんを通わせている親御さんに、ご自身の体験を書いていただきました。

*********

流山シューレでは、小学校5年の息子がお世話になっています。

入会したのは、小学校1年の3学期。

不登校というよりは、不登校予備軍のうちに入りました。

保育園の頃から、ちょっと大人びた子供で、聞き分けがよく、人に気を使える子供でした。

保育園は、あまり好きじゃなく、休める日は、家にいました。迎えに行くたび、お友達と遊んでいるより、先生と一緒にいる事が多い子供でした。

保育園時代からなんとなく、この子が伸び伸び育つには、型にはまらせる窮屈な既存の学校ではなく、得意を伸ばすフリースクールの様な所がいい なと思い、学校探しもしていました。

とはいえ、家から通える範囲にそのような学校を見つけられずに、地元の学校へ入学。

毎日、緊張した顔で登校する姿。日曜日が大事過ぎてアセアセ過ごす姿。弟が風邪をひいて休むと自分が休んで面倒みると言う姿などみて、前に見 学行ったような学校に変える?と聞くとそうしたいと言いました。

そこから再び学校探しをし、シューレに出会いました。

うちの子に合っているみたいで、すぐに気に入り、元気でパワフルな笑顔を見たり聞いたりして、とても嬉しく思っています。

入会してみて感じた事は、とことん子供の自己肯定感を育める環境だなって、思います。

親としてまだまだ未熟な人間ですから、ついカッとなり言いすぎてしまい、反省するのですが、シューレのような場があるというのは、親子喧嘩し ても心のリセットもできているんじゃないかと思います。

スタッフの方も些細な子育てについての悩みを聞いてくれるので、私も心の拠り所になる場所になっています。

(Mさん)

貴重なお話ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です