IDEC―世界フリースクール大会

2014年夏、韓国にてIDEC(アイデック)が開かれ、世界17か国からフリースクール・デモクラティックスクールのスタッフ・子どもなどが集まり、1週間にわたって、さまざまな講演・シンポジウム・ワークショップが行われました。

IDECの特徴は、教育のあり方を議論するようなシンポジウムがありつつも、「インドの伝統のダンスを踊ろう」とか「日本文化紹介」のような楽しもうとするワークショップも数多くある点です。

大人と子どもが一緒になって真剣に議論したり、楽しんだりという、ご飯を食べたりと、なかなか他では見られないようなリラックスしたムードで大会は進んでいきます。

IDECはInternational Democratic Education Conferenceといい、直訳すると「国際デモクラティック教育大会」となります。

1993年、イスラエルで初めてのデモクラティックスクールの代表であったヤコブヘクトさんが、イスラエルで開かれた国際的な教育についての研究大会に際して欧米のデモクラティック教育関係者数人を招いたのをきっかけにイスラエルではじまりました。

その後、第7回大会までは基本的にはヨーロッパや地中海地域で行われましたが、2000年におこなれた第8回東京大会以降、ニュージーランド、アメリカ、インド、ブラジルと世界中に開かれるようになり、実質的な国際大会になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です