子ども・若者の居場所・学びの場

  

子ども・若者の声

 

 

じわじわとゆっくり進む。そんなペースで活動したい

東京シューレ王子 (Y.A)
シューレに来る前までは、自分の意見を聴いてもらえた経験がなかった。そのため、自分が意見を言ってはいけないと思っていた。しかし、シューレの人たちは自分の意見に興味をもってくれ、自分の言ったことを聴いてくれた。自分の意見をいろいろ言えるようになったのはよかった。シューレでは「完璧な中途半端」を目指して活動している。自分が興味をもったいろいろなものに手を出して、その時々でそれを楽しんでいきたい。その一つ一つは進むのは遅いけれど、実はじわじわと本当はゆっくりと進んでいる、そんなペースで活動にかかわっていきたい。

 

 

シューレは家族みたいな場所 安心して過ごせるところ

東京シューレ新宿(H.Y・18歳)

シューレには小4の時に入りました。家から一時間ちょっとかけて通っています。シューレでは講座に参加したり、みんなと話したり、卓球やフットサルをしたり、いろんなことをして過ごしています。スポーツが大好きなのでスポーツのイベントにも参加しています。今楽しいのはバドミントンです。体育館が取れた時に、そこでやるのが楽しみです。勉強はスタッフやボランティアの人がサポートしてくれるので、安心して出来ています。
シューレは家族みたいなところが大好きです。安心して過ごせる場所。シューレのおかげで自分がやりたい事がだいぶ見つかってきました。

 

 

始めは出かける抵抗があったけど、友達が増えました

東京シューレ流山(D.K・19歳)

シューレには小4の時に入りました。家から一時間ちょっとかけて通っています。シューレでは講座に参加したり、みんなと話したり、卓球やフットサルをしたり、いろんなことをして過ごしています。スポーツが大好きなのでスポーツのイベントにも参加しています。今楽しいのはバドミントンです。体育館が取れた時に、そこでやるのが楽しみです。勉強はスタッフやボランティアの人がサポートしてくれるので、安心して出来ています。
シューレは家族みたいなところが大好きです。安心して過ごせる場所。シューレのおかげで自分がやりたい事がだいぶ見つかってきました。

 

 

つながっているんだな、本当に一人じゃないんだな

ホームシューレ(M.K・16歳)

ホームシューレに入ってよかったことは、たくさんの人と出会えたことです。ちょっと前までの私は、外に出て誰かと会うとすぐ疲れて、辛くなってしまっていました。入会してすぐ『ばる~ん』(会員の交流誌)に絵を投稿し、他の会員さんから紙上で声をかけてもらうようになりました。ちゃんと見ていてくれる人がいたことに驚いて、同時に「ここにいていいよ」と言ってもらえた気がして、とても嬉しかったです。
文通やメールでもやりとりをするようになって、「実際に会って話をしてみたい」という気持ちになり、ホームシューレの全国合宿に、緊張でガチガチになりながら参加をしました。そこで友達と初めて会い、会場で手を取り合って喜びました。他にも多くの人たちが、私の投稿を「いつも見ていたよ」と言ってくれました。家にいて絵を描いているだけでもつながっているんだな、本当に一人じゃないんだなと思いました。
人とかかわることを苦手と思っていた私が、今ではたびたびサロンやオフ会に参加するまでになっています。ホームシューレは、私に居場所や活躍する場所を用意してくれました。今は私にとって欠かせない存在になっています。