ニュース

  

6月15日(月)以降の開室につきまして

会員のみなさま 保護者のみなさま

緊急宣言解除で、フリースクールを、6月1日より開室させていただいております。
最初は、2時間半の時間短縮でやらせていただいておりましたが、6月15日より時間を延長いたします。

具体的には10時30分から15時30分まで(大田シューレは10時から15時まで)の時間になります。
引き続き、検温、手洗い、消毒、など気を付けて活動をしていきます。
また、お昼を挟みますので、昼食の取り方についても注意を払いながら過ごしていきたいと思います。

コロナ前と比べるとまだまだやりにくい面もございますが、この生活に慣れ、コロナの状況の中でどうやって行けるか、研究しつつ、楽しみつつ、シューレの日常を作っていきたいです。今後ともよろしくお願いします。

 

◆3つの基本的な考え

①子どもの安心、安全を守るため可能なことを全力で行う。
②コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、必要なことを実行していく。
③注意しつつも、居場所の確保と子どもの学ぶ権利の充足のため、可能なことを行っていく。

 

◆日常のシューレ活動における取り組み

集団感染(クラスター)を避けるために、(1)換気の悪い密閉空間、(2)人が密集している、(3)近距離で会話する、が生じないよう特に以下の点について取り組みます。

・開室時間および活動時間の短縮をする。

・換気は、徹底気候上可能な限り常時、可能であれば2方向の窓を同時に開けて行う。

・通室、活動参加前には必ず自宅で検温し、発熱や風邪症状がある場合は自宅での休養をお願いする。

・手洗い(特に到着時と食事前)・咳エチケットの徹底、マスクの着用の徹底をお願いする。

・適切な距離を保って過ごせるよう、机や椅子などの配置を工夫する。

・マスク、アルコール消毒液、ハンドミルク(またはボディーミルク)、ペーパータオル、非接触の体温計を常備する。

・多くの人が触れる場所(特にドアノブ、手すりなど)は清掃・消毒を徹底して行う。

・備品を共同利用(文房具・ゲーム機等)した場合、使用した備品等は消毒を徹底し、使用者には手洗いの徹底をお願いする。

・感染者・濃厚接触者等に関するいじめや差別的な言動がないように、会員およびスタッフの人権に留意するとともに、個人情報の取り扱いにも留意する。

 

◆来室にあたってのお願い

・来室する際は、事前に自宅で必ず検温してください。自宅で検温した際に平熱より高い場合、または体がだるい、咳、下痢、腹痛など、少しでも症状がある場合は、自宅で静養してください。

・ご自宅での検温と合わせて、到着時にスタッフが非接触型の体温計を用いて検温いたします。フリースクールに到着した際はスタッフに声をかけてください。(こちらから声をかける場合もあります)

・来室時の検温等で発熱・風邪症状が見られた場合は、保護者の方と連絡を取り、迎えに来ていただくなど、安全に帰宅していただきます。

・手洗い(特に到着時と食事前)・咳エチケットの徹底をしてください。

・マスクの着用の徹底にご協力をお願いいたします。マスクがない人はスタッフに声をかけてください。

・できるだけ密集しない、対面で会話をしないなど、集団感染(クラスター)対策にご協力をお願いいたします。

・フリースクールでは物品の共用を防ぐために麦茶等の飲み物は用意をしませんが、脱水症、熱中症対策のために、各自で飲み物を持参いただくよう、ご協力をお願いいたします。

・個人の所有物(文房具やスマホ、ゲーム機など)の貸し借りは原則行わないでください。

・身近なところで感染がおこっている場合があれば、事前にお知らせください。

・本人または家族が海外渡航をした場合があれば、事前にお知らせください。

その他、各スペースの事情に応じて、それぞれでお願いをさせていただいております。(部屋の使い方について、エレベーターの利用についてなど)
なお、このガイドラインは感染症等の状況やフリースクールの利用状況などにより、変更をする可能性があります。ご了承ください。
ご不便ご迷惑をおかけいたしますが、子どもたちの安心・安全を守るため、感染拡大防止のために、ご協力をお願いいたします。