ニュース

  

1月16日更新【ご協力のお願い】東京シューレ江戸川小学校クラウドファンディング

2020年4月より、東京シューレ江戸川小学校が開校します。
私立小学校の不登校特例校は全国で初めてになります。

東京シューレ江戸川小学校ホームページ↓

12月15日より、クラウドファンディングがスタートしました。
クラウドファンディングの目標は200万円です。
この金額は、小学校工事全体の中で、特に子ども達の多様な学びが実現できる「IT施設」の整備に重点的に充てさせていただく予定です。

ご支援や情報の拡散のご協力をどうぞよろしくお願い致します。

【2020年1月16日更新】
1月16日時点で、達成率39%、計795,000円のご協力をいただいております。
誠にありがとうございます。

引き続き、多くの方にご支援・ご協力をいただくために、情報拡散にご協力いただけますと幸いです。
TwitterFacebookでも随時更新しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

クラウドファンディングページはこちら↓

 

以下、クラウドファンディングページより引用です。

 

学校にいかなくても大丈夫
新しい学びをする、学びができる小学校をつくりたい!

不登校の原因は、「いじめ」とは限りません。「なんとなく」学校が合わず、行けなくなった・行かなくなった。そんな子どもが通える小学校があったらどんなにいいでしょう。
実際の要望もあり、校舎探しをはじめたところ、今回江戸川区の協力があり、活用させてもらえる廃校が見つかりました。

こうして今回、自分達の出会った社会課題解決と子ども達のため、小学校開校にチャレンジします!

今回開校にチャレンジする小学校の正式名称は「東京シューレ江戸川小学校」。東京都江戸川区内(旧 上一色小学校)に2020年4月開校いたします。不登校の子どものための小学校「不登校特例校」として認可を受け、対象としては学校に行っていない・行きづらい子どもが入学可能です。

初年度は4・5・6年生でスタート(定員:51名)。
「東京シューレ葛飾中学校」の姉妹校として、一般の学校と比べて時間数も減らし、負担感も少なくして、子どもが創る・子どもと創る学校を目指します

今回クラウドファンディングで目標としているのは200万円
この金額は、小学校工事全体の中で、特に子ども達の多様な学びが実現できる「IT施設」の整備に重点的に充てさせていただく予定です。

続き等はクラウドファンディングページをご覧ください。
下記の画像をクリック・タップすることでページに飛ぶことができます。