東京シューレとは

  

東京シューレのあゆみ 

沿革

東京シューレは、登校拒否・不登校の子どもが激増するさなかの1985年、学校外の子どもの居場所・学び場として、親・市民によって開設されました。その土台は、1984年にスタートした「登校拒否を考える会」という親の会でした。不登校を否定し学校復帰させる風潮の強い中、子どもの成長の場は学校のみではないと、子どもの気持ちを尊重し、多様な成長を支え、子ども中心の学びと活動の輪を広げてきました。

あゆみ
1985東京シューレ開設。
1988文部省(当時)調査で「登校拒否は怠け」との新聞報道に子どもが全国調査。
1990文部省が「不登校は誰にでも起こりうる」と認識転換。翌92年には「フリースクール等の出席を指導要録上出席扱い可」と通知、93年にフリースクールに通う小中学生の学割定期適用を承認。
1991東京都北区東十条から現在の北区王子に移転。
1994「在宅不登校支援として「ホームシューレ」スタート。「東京シューレ大田」(東京都大田区)を開設。
1995東京シューレ新宿」(東京都新宿区)を開設。
1996学校法人東京シューレ学園が認可。
1998「東京シューレ葛飾中学校」(東京都葛飾区)開校。
1999知的探求の場「シューレ大学」を開設。
1999東京都よりNPO認証。
2000「第8回世界フリースクール大会(IDEC)」を東京に招致、開催。
2001NPO法人フリースクール全国ネットワーク設立。
2003「吉川英治文化賞」「朝日のびのび教育賞」受賞。千葉県協働の居場所をスタート(現・流山シューレ)。
2006学校法人東京シューレ学園が認可。
2007東京シューレ葛飾中学校」(東京都葛飾区)開校。
2009「第1回日本フリースクール大会(JDEC)」の開催に尽力。『政策提言』を発表。以後JDEC毎年開催に協力。
2009「不登校の子どもの権利宣言」発表。
2010東京シューレ25周年祭開催。
2011東日本大震災支援プロジェクト実施
2011自主映画『不登校なう』『僕は僕でよかったんだ』完成。
2012札幌自由が丘学園三和高等学校連携で東京シューレ学習センター開設。高卒資格取得できるように。
2012いじめに関して文科大臣と子どもたちが面会。
2013「社会貢献者表彰」「ペスタロッチー賞」を受賞。
2014内閣総理大臣が東京シューレ(王子)を視察。
2015東京シューレ30周年祭開催。
2015東京シューレ流山を移転開設。
2016不登校・学校外での学びを応援する「教育機会確保法」が成立。
2017第2回アジア・太平洋フリースクール大会(APDEC)」を東京に招致、開催。
2018東京シューレ大田(東京都大田区)を新規開設。(予定)