本文へスキップ

創立33年 フリースクール(東京北区王子・新宿・千葉県流山) ホームシューレ(全国) シューレ大学(18歳以上) 不登校の高卒資格    

TEL. 03-5993-3135

〒114-0021 東京都北区岸町1-9-19 王子駅徒歩3分

電話受付 10:00~18:00(平日)

イベントや年間行事 ( 2 )

大きなイベント

  • 東京シューレが誕生してから20年目や25年目など、節目の年には外の会場を借りて「周年祭」を行いました。大きなホールを使っての公演や舞台発表、展示、パーティーなどをして、会員・親・OBOGが集まって、盛大なお祝いをしました。
  • 年に1回、夏に全国の学校に行かない子どもたちが集まる「全国子ども交流合宿」というのがあります。東京で行われるときなどにはシューレも実行委員会をつくって、それぞれにアイデアを出し合いイベントを企画したりします。ハイキングや観光、スポーツ、キャンプファイヤ、室内ではネイルアートや織物、パソコン分解、ゲーム大会、料理などで交流しています。毎年やっているのでぜひ、遊びに来てね。

合宿

海外体験

 シューレでは海外との交流も盛んです。時には計画を立ててこちらから出かけたり、また海外からのお客さんと交流したりという機会もあります。中には海外からの取材もあったりします。

  • 「自分の目でオーロラを見てみたい!」という一言から、アラスカプロジェクトがスタートしました。アラスカを自然・教育・文化の3つのテーマから学び、深めていきました。同時に、必要なお金をできるだけ自分たちでねん出するために、「アラスカ食堂」(週1回、昼食を作り寄付を募る)を始め、多くの人達の協力を得て、実現しました。
  • IDEC(世界フリースクール大会)は、毎年世界各地で行われています。2000年には、東京シューレの子ども・若者が中心となって実行委員会を立ち上げ、東京で開催しました。世界中から参加者が集まり、それぞれの国の教育事情を共有したり、子ども中心の居場所・学び場の大切さを確認しました。2013年は、アメリカで開催される予定です。
  • 2000年、一人の少女がペルーから訪れたことからペルーのナソップ(働く子どもたちの全国組織)との交流が始まりました。2001年秋には10日ほどの訪問旅行を行い、2002年12月には、ナソップから5人の子どもと大人を日本に呼んで交流をしました。
  • 中国からオランダまでユーラシア大陸を列車で横断する大旅行を決行! 約1カ月かけて、地元の人たちと交流しながらの旅をしました。
  • アメリカのフリースクール「クロンララスクール」とは、相互のフリースクールに訪れたり、合わせて1ヶ月にわたる交流旅行もありました。
  • 「せっかくシューレで習った英語を生かしたい」とイギリス旅行を計画! 他にも「返還前にぜひ自分の目で」と実現した香港などなど、いろんな海外体験が企画されてきました。
  • 韓国は、日本以上に学歴社会。そんな中で既存の学校によらない生き方を応援するオルタナティブな若者の場「Hajaセンター」や、フリースクール「ガンディースクール」などの人たちともこちらから出かけたり、日本に呼んだりして交流をしています。
アラスカ IDEC

【→定番のイベント

ページ: 1 2


東京シューレについてのコンテンツ

フリースクール 東京シューレ

〒114-0021
東京都北区岸町1-9-19
(王子駅から徒歩3分)

TEL 03-5993-3135
FAX 03-5993-3137
E-mail   info@shure.or.jp

東京シューレ総合ホームページ


フリースクール東京シューレに入学したい

在宅不登校支援・
ホームエデュケーション
について知りたい

ホームシューレ
家庭をベースにして育っている子どもたち、その家族に向けたサポートと、お互いを結ぶネットワーキングの活動が「ホームシューレ」です。交流誌やインターネットを中心に全国約250家庭がつながりあい、直接の交流の機会も持っています。

18歳以上の知的探求の場・シューレ大学
について知りたい

シューレ大学
探究・研究テーマや方法も自分のやり方で、第一線で活躍の方々をアドバイザイーに迎え、探究、表現活動を行っています。公開講座なども定期的に行っています。

運営団体・その他の活動
について知りたい

団体概要
フリースクール東京シューレはNPO法人が運営しています。団体の成り立ちや年次報告を紹介しています。
NPO支援会員募集のご案内
連携活動
出版物・書籍・DVD
さまざな活動・調査研究