本文へスキップ

フリースクール東京シューレの新宿スペース

電話でのお問い合わせはTEL.03-5155-9803

10:00~17:30(平日・水曜日のみ13:00より)




***************************

お待たせしました!
大変あいだが開いてしまいましたが、
インタビュー第3回です!
今回は新宿シューレの実は引き出しいっぱい番長、
みんな大好き、うーさんの登場です。
インタビュー自体が3か月くらい前のものなので、
少し情報が古いかもしれませんが、
どうぞ、読んでみてくださいな。

****************************



うーさん(12)



―インタビューです。よろしくお願いします。
前回のひびきくんのインタビューは読んだりしてくれました?

読みました。

―今回はそんなに固くないつもりだから、
あれは相当まじめだった。
「お笑い隊長登場!」って言ったのに 笑
ではまずお名前を教えてください。

うーです(仮名)。

―うーさんはおいくつですか?

うーさん2歳ですね。

―いや、キャラクター設定じゃなくて。
(ちょっとややこしいですが、
彼にはウーさんという持ちキャラがいます。その話は後程)

12歳です。


●最初はシューレどうでした?


―シューレ入ったのはいつですか?

多分2年くらい前。

―小学5年生の時だね。
入った時の記憶はある?

あります。
最初来たときがミーティングの日でした。

―来て最初からミーティングだったんだ
自己紹介した?緊張しなかった?

いや、なんとか。あー、あれです、
好きなおでんの具は?の質問で『ちくわ』っていいました。

―あー、最初松尾さんが必ず好きなおでんの具を聞くんだよね。 

あの出汁のしみ込んだ『ちくわ』が好きです。
でもその後になって『きんちゃく』の方が好きになった。

―そうなんだ 笑
あの頃はあんまり初等部がいなかったよね。

そうですね、話に付いていけなかった

―中高等部の人の?R君は?
R君とは結構最初から仲が良かったよね
それこそ最初くらい?

そうですね、
最初あった時は年が一緒くらいかと思ってた。

―R君は今中学3年生だから二つ違い?
でも私も最初一緒くらいかな?と思ったよ 笑
シューレだと年齢あんまり気にしないからわからないよね。

あの人は面白い人ですよ。
次紹介するとしたらあの人かな。

―そうだよね!普段から相当面白いもんね。
ただいつもテンション高いからインタビューになるかな…?

あー、でも割と対応してくれる時は対応してくれますよ。
真面目トークとかもしたことありますよ。

―どんな話したの?

入学式がつまらなかった話とか

―へー、入学式いったんだ。

私は行きませんでしたけどね

―大丈夫、私も中学の卒業式行かなかったよ。

だってあれ!普段私服で来ていいって言ってるのに、
そういう時だけ正装するんですよ。
ありえないですよ。
私服でもいいって学校側は言ってるけど、
なんかみんな正装だし。

―そうだよね、そういう空気はあるよね。
中学校には一度も行ってない?

楽しいことなんにもなさそう。
だからクラス全員とあったことないですよ。
学校には先日行きましたけど。

―ほう、なんで行ったの?

ちょっと先生と顔合わせぐらいは。
ってなって行きました。
まあまあいい人そうでした。

―「どうもどうも」ってしてきたんだ。

そうですね。シフトキー連打。
シフトキーを押すとですね。
腰だけ下げるって言う面白い動作になるんですよ。

―え、今何のはなし…?

マイクラの話 笑

※マインクラフトというゲームがあります。

いや、シフトキーを連打するとですね、
キャラがこうやってですね…、
(シフトキー連打した時のお辞儀のような動作をしてくれる)

―笑
これが「どうもどうも」なのね 笑

だいたいオンラインで人とあった時は、
これで挨拶をする 笑
ちなみにみんな反抗期だそうで、
学校男子全員反抗期だそうです。

―先生大変だって?

そう。
自分は反抗期とかはまだ先かなと思ってたら、
遂に来なかった。

―いやまだ来るかもしれないよ 笑

話飛びまくりですね

―大丈夫、ひびき君も相当飛んでたから。

リレミトくらい?

バシルーラくらいだよ

いまガンダムシードのアニメを見てるんですよ。
それに出てくる艦長みたいな人がバシルーラ少尉なんですよ。すごくない?

―飛ばされるかもしれないって見てるの?笑

いつ飛ばされるんだろうなーって


●パンドラボックス


―ウーさんといえば、パンドラボックスだよね。
パンドラボックスは突然シューレに持ってきたけど、
元々いつ作ったものなの?



パンドラボックスはですね。
こどものツアー的なもので作った箱。
田舎に行って、木工しました。

―木を使って箱を作りましょう的な?

箱じゃなくてもよかったです。
でも何種類か選べて、
その中で車輪付きの箱を作るのを選びました。
その後電車ごっこやったんですけどね、
ネジがぽーんと飛びました。

―車輪付きの箱を作ろうって企画があったの?
なんかすごいね。

すごいですよね。
それを作った人達みんなで手を繋いだり、
ロープを引っ張ったりして電車ごっこをしました。

で、電車ごっこしたら車輪が?

車輪がぽーんって 笑
こっそりネジを変えました 笑
死人が出なくて良かった。

―そんな危険じゃないだろう 笑
そこで作った物をシューレに持って来たと。

―はい。実はパンドラボックスは乗って使う以外に、
使い道がもう一つあるんです。

―え、ものを入れる以外に?

車輪があることを利用して、
あの上に重い荷物を載せて動かすと簡単に動くんですよ。

―あー、台車みたいに。

そうです、台車みたいに。
それが使い道。

―パンドラボックスをシューレに持って来たことによって、
一大ムーブメントを作ったよね。
みんながなにこれ面白いってなって、
最終的には何かやる日で、
パンドラボックスを作る日が出来たからね 笑

一つの流行を作りましたね。やったぜ。
ちなみにみんなはちゃんと作ったんで、
設計はオリジナルの方が荒いです。
今より全然小さい頃だったんで、
割と切るのがね、雑でした。

―いつ頃作ったものなの?

小4くらいかな?


●ウーさん


―うーさんは『ウーさん』という持ちキャラもいるよね。
もともとはどうやって生まれたんだっけ?



ハロウィンの仮装です。
今まで仮装らしい仮装は透明人間しかしたこと無かった。

―透明人間ってどうやって仮装するの?

帽子を被って眼鏡をかけて。

―ああ、肌を見せない的なことだね

割と透明に見える

―ウーさんってどうして“ウーさん”って名前なの?

ゲームにもともと虚人「ウー」っていう技名があって、
そこからとりました。

―何のゲーム?

弾幕シューティングゲーム。

―東方?

正解。
所見だと難しい。
けど攻略するとめっちゃ簡単って技です。
その技名から取ってウーさん。
“さん”はみんなが付けました

あー!もともと「ウー」だったのか。

そうです、自分でさんつけないでしょ

―それでその後、
イロモネアとかでご活躍を。

そうですね、『なすうめー』でやりましたね。

―司会したりお笑いに参戦したりね。
すっかりみんなに愛されているキャラですね。




●そして今はどんな感じ?


―じゃあもっと年上の人とはいつ仲良くなったの?
いまは全然みんなと話してるよね。

最初はモンハンですね

―あー、モンハンやってたね。
やっぱりゲーム強いね。
後はスマブラとかバトオペも、
みんなでよくやってるよね。
スマブラのウーさんの持ちキャラは?

ゲーム&ウォッチとブラックピット。
最近は村人も使う。村人強いんですよ。
無邪気な顔でボーリングを頭に落とす。

―危ないね、頭蓋骨割れちゃうね 笑

でも基本的にはブラックピット使ってますね。
飛び道具反射技があるんで。あれが強い。

―バトオペは?

やってますね、好きなモビルスーツはヅダです。

―ヅダ使えないって前言ってなかった?

最初使えないと思ったけど、使えた。癖が強い。
全モビルスーツの中でも一二を争うくらいの機動性がある。
全くカスタムされてないジムを問答無用で葬り去りました。
そのかわり防御は消えたって感じですけどね。

―なるほどね。性能に偏りがあるんですね。

だから楽しい!

―楽しそうですね!好きですね!

好きですね。
こういうことになるとけっこう語っちゃう。

―そんな感じで大きい人とも仲良くなっていったと。

最初よりは全然楽しくなったね。
でも割と扱いが雑になった気がする 笑

―なるほど 笑
それだけ距離が近くなったってことでもあるね。

そうですね、楽しくはなりましたね 笑

―今後は何かやりたいこととかはありますか?

モンハン4G出るんで、それ買おうと思ってます。
あれですよ、モンハンは今の新宿シューレでは一番強いと思ってますよ。

―え?そうなの!?

ランク的にもクリアしたクエスト的にも。
ひとり用モードのクエストは全部完全クリアしました。

―わたしが一番強いと。

今の新宿シューレの中ではね。

―かかってこいやと。

かかってこいやはいらない 笑
モンハンはみんな買うのかどうかがちょっと気になる。

―あー、こういうゲームはみんながやってないとつまらないよね。

モンハンやってる会員が増えたら嬉しいですね。
―ゲーム好きなんだね。

ゲームは好きですね。

―いいね。
そろそろインタビューおしまいだけど、
最後にいっておく事はないですか?

シューレ通信の新人紹介で、
キノコ嫌いって書いたんですけど、
好きなキノコもあります。

―キノコ嫌いなの?

だってあれ菌の固まりじゃないですか、
よく考えたら。

―ヤバいだろう、あの食い物と。
だからキノコが嫌いと?
キノコ食べられないの?

いや、キノコは食べられます。
舞茸大好き。舞茸の天ぷら大好き。

―好きなんじゃないかよ 笑

でも茄子の天ぷらの方が好き。
でも一番好きなのはカラマリ。

―え!カラマリって何???

え、イカの唐揚げ

―イカの唐揚げ、カラマリっていうの?

アメリカの食べ物です

―初めて知った、
じゃあこれおしまいにして、
土橋さんに聞いてみよう。
では、ありがとうございました。

ありがとうございました〜。


基本はいつも丸テーブルのイスに座っているイメージのうーさん。
でも「うーさん~!」と呼ばれて、
スマブラに参加したり、
パソコンを見に行ったり、
こたつでおしゃべりに参加したり、
いろんな人に、一緒になにかやろうよ~と、
呼ばれているイメージもあります。

個人的にだけど、うーさんがいるとそれだけで、
場所がにぎやかに、
和やかになるような気がします。
とってもいい雰囲気なのです。
これからのうーさんも楽しみですね。

ではでは、また次回をお楽しみに~!

[似顔絵協力:まさきくん]

■■■■■■■■■■■■■■■■■

第1回 いろいろつくるの好きです。高等部『こばりちゃん』編
第2回 面白番長の意外にまじめな話。高等部『ひびきくん』編