本文へスキップ

フリースクール東京シューレの新宿スペース

電話でのお問い合わせはTEL.03-5155-9803

10:00〜17:30(平日・水曜日のみ13:00より)








―今後はどんなことをしたいですか

まだ
ちゃんと考えてる訳ではないけど、
シューレ外でバンドをしても
良いんじゃないかなと思っていて、
インターネットで外部の
「ドラム、パーカッション募集」
を探して見たりしているけど、
シューレでやる機会があれば、
それはやりたいと思うし、
辞める気はないけど、
外部の上手い人たちの中で
「へたくそ」と言われつつ
バンドができたらいいなと思ってる。

ドラムを叩いて、
食べていっているドラマーの人を見て
「好きな事で食べていける事は贅沢だし、
幸せなことだな」と思って、
ちょっと心が揺らいだ時期もあったけど、
ドラムで将来食べていくイメージが
あまりにも湧かないのと、
自分の中にドラムよりも
もっと好きなことがあるんじゃないか
という想いがある。

例えば、
僕は人付き合いが得意というか、
その部分に
アドバンテージがあると思うから、
それを武器に出来る仕事、
それこそ営業とか、接客とか
アパレルとかの仕事が
できたら良いなと思っている。
色々やりたい事はあるけど、
それを見つける為に
やる事ってたくさんあると思う。
ファーストフードでバイトをしたことで
「飲食店で働く事はどういう事か」を
知る事ができたし、
将来何をするか、
自分の得手不得手を考える上で、
色んなアルバイトをするということは
有意義な事だし、
自分を理解する
近道なんじゃないかなと思った。

もし今後、
職に就く事を
考える事になったら、
そういう風にして、
自分に向いてる仕事を考えて、
自分で選択できるといいなと思う。

だけど今は、
ドラムの事しか考えたくなくて、
将来自立してどうしようか
という事は考えたくない時期なんだ。




第二十二回更新 2013.10.31 
たー坊編 全7回


今回の更新をもちまして、連載終了となります。


この作品を通して、フリースクールという居場所の事を
以前よりもっともっと知っていただけたのではないかと
思います!

彼らがこのインタビューを受けた時から
約2年経ちました

2年とは短いようで
長いですね。

今回HPで連載するにあたって
原文を
改めて読み直してみたら

「この時の彼らはこんな考えを持っていたんだなぁ」
と、感心してしまいました。


毎日一緒にいると、気が付きにくいのですが
皆どんどん成長しております。


全二十二回更新という長い連載にお付き合いいただき
ありがとうございました


今後もこうして特集を組めたらなぁと思っておりますので
その時はまたお付き合いいただけたら
嬉しいです。


2013/10/31 更新、編集担当 金 花奈



はるくん編
よしやくん編
けんじさん編 その1 その2
おんくん編
まさきくん編 その1 その2 その3
そらさん編 その1 その2 その3 その4
みおくん編 その1 その2 その3
たー坊編 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7