本文へスキップ

フリースクール東京シューレの新宿スペース

電話でのお問い合わせはTEL.03-5155-9803

10:00〜17:30(平日・水曜日のみ13:00より)






―シューレではどんな事をしていますか

家で学校に行かない事について
悶々と考えたり、
ドラムを叩くか、
みんなで適当にくっちゃべるかかな。

くっちゃべることが
最近すごく楽しくて、
何もしないで話すだけで
こんなに楽しいメンツが
集まってるんだから、
みんなもっと積極的に
くっちゃべるべきだと思う。

ドラムは、
高等部でベースをやっていた人から
「バンドをやってみないか?」
と言われて、
話の流れでドラムを勧められて
やることにした。
その人は、
シューレ内で
バンドブームだった時期を
知ってたから、
それをもう一回やりたいと話していて、
その火付け役が欲しかったんだと思う。


中2の終わりの
「旅立ち祭」で
初めてドラムを叩いて、
最初はドラムを叩く事を
そこまで楽しいとは思っていなくて、
アニソンとか
みんながやりたい曲の中で、
割と簡単な曲をやってて、
今より頑張ってなかった。

ドラムを本当に頑張ろう、楽しいと
思えるようになったのは
東京事変の曲を
教えてもらってから。

東京事変の曲を
教えてもらったのは、
中3の夏前くらいで、
「キラーチューン」って曲を
やりたいという話を聞いて、
曲を聴いてみた。

自分の中での
バンドのイメージが、
ひたすらロックでうるさいギターと、
存在すら危ぶまれるベースと歌
って感じだったんだけど、
事変は、林檎ちゃんの声以外、
他の人が何してるか
わからないくらい
技術的にすごいし、変な人で、
それから「ドラムを叩く」
ということではなく
「バンドでドラムを叩く」
という事について
考えるようになった。

夏休み中は、
アニソン系の曲5割、
ゲーム曲3割、
事変2割の比率で
聞いていて、
夏休みが明けたくらいから
事変の割合が増えて行った。

「キラーチューン」以外の
メジャーな曲を聴き始めて、
よくわからないけど
かっこいいなとは
思っていたけど、
家に帰って時間があれば
電子ドラムを叩くくらいで、
そこまで本気で頑張っていなかった。

その時は25周年祭があって、
ドラムについては
あまり考えてなくて、
色んな人に出会って、
自分の事を考える事が多くて、
そんな感じで
なんとなく中等部が終わって
高等部になった。

高等部になって、
アルバムに入ってる曲とか、
メジャーな曲以外も聴くようになり、
この頃から
事変を本当に好きになったのと、
ドラムを練習して
もっと上手くなりたい気持ちが出て来て、
家に電子ドラムを
買ってもらったけど、
それで練習しても
上手くなれないから、
本物を叩いて練習したいと
考えるようになった。




練習するのにスタジオを借りたり、
ドラムを買う為にお金が必要で、
バイトをして稼がなきゃと思った。
もともとバイトをしてみたい
という気持ちは
何となくあったけど、
バンドがやりたいから
バイトをしようという想いが強くあった。
それでシューレOGが働いていた
ファーストフード店を
紹介してもらって
高1の5月から働く事にした。


第二十回更新 2013.10.28 
たー坊編 全7回



はるくん編
よしやくん編
けんじさん編 その1 その2
おんくん編
まさきくん編 その1 その2 その3
そらさん編 その1 その2 その3 その4
みおくん編 その1 その2 その3
たー坊編 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7