東京シューレ王子 外観

最も歴史があるフリースクール

東京シューレ流山を実施している「東京シューレ」は、フリースクールの活動を行っているNPO法人です。 理事長をつとめる奥地圭子が1985年に始め、フリースクールの草分け的存在といえます。

吉川英治文化賞やペスタロッチー教育賞を受賞するなど、不登校の子どもの学び・成長の場として高い評価を得ています。 また、アメリカ、イギリス、韓国など世界中のフリースクールとの交流があります。

子どもたち 写真

不登校の子どもたちが安心できる場所
やりたいことが応援される場所

フリースクール東京シューレは、子どもが安心していられる居場所です。 自分が自分であることを大切にします。安心から自信が生まれてきます。

フリースクール東京シューレは、子どもがやりたいことを応援します。どうしたら実現できるかを一緒に考え、それに向けたサポートを行います。

フリースクール東京シューレは、集まってきたそれぞれの人の違いを大切にしあいます。いろんな個性、感性、ペース、趣味、
能力・・・「みんな違ってそれでいい」ことを大切にします。

東京シューレは、学校外の学び・成長の場。 3つのスペースがあります

東京シューレ王子
東京都北区王子 会員約100人 週5日制(月~金)
東京シューレ新宿
東京都新宿区若松町 会員約40人 週5日制(月~金)
東京シューレ流山
千葉県流山市 会員約20名 週5日制(月~金)

東京シューレホームページ